taizoの暇つぶし

自転車と釣りを愛す主夫の日記です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

部子山で昼食を・・・

30日(土曜日)
午前の早い時間は、子供の送迎や前日の釣りの後片付け等でバタバタ


お昼は一人だったので『何処でご飯食べようかな~~



考えた結果



部子山山頂でお弁当食べることにしました



池田に入り、目指す山が見えて来ました
16073001.jpg
やっぱり高いな~




準備も整いスタート

16073002.jpg
11:40 NO13分岐より辛いヒルクライムの始まりです



9番まで、ひたすら頑張る?耐えるだけです
16073003.jpg
序盤の4kmがめちゃめちゃ長く感じるんだよな~



12:35 6番分岐
16073004.jpg
行程の半分のところまで来ました
此処まで来れば一安心?




16073005.jpg
5~6番の区間300m程ですが未舗装の場所があります
此処さえ舗装してくれればロードで来るのですが・・・



5番分岐
16073006.jpg
左折 大野方面未開通となってますが、どこまで整備されているのでしょうか?
気になるので、ささまん先輩&しんちゃん、今度MTBで行きましょう





ヨロヨロと上っていると、上からシラサキジャージが下りて来るじゃあ~~りませんか

16073007.jpg
大工のF君じゃないですか
チョイとお話ししてお別れ
また何処か走りに行きましょう



厚い雲が迫っていたので、先に3番に寄って景色を楽しみます
16073008.jpg
13:27 『能楽の里牧場』
今日も牛は居ません



16073010.jpg
漸く下から見えていた赤い作業台のところまで来ました



16073009.jpg
此処からの景色が大好きなんです
これを見るために頑張って上って来たんです



1番付近に多くの車が・・・
16073011.jpg
グライダーを飛ばしてましたよ
これ面白そ~~~
マジで欲しいかも





13:50 0番到着
16073012.jpg
上り 2時間10分



担ぎで山頂を目指します


16073013.jpg
14:00 『部子山 1464m』



漸く昼食です
16073014.jpg
お弁当&大好きな梅おにぎりmgmg
美味いは~~



16073015.jpg
山頂ではアマチュア無線をやってる方がいらっしゃいました
此処からだと障害物がないから遠くの電波も拾えるでしょうね



北の方からゴロゴロという音が聞こえて来ました
こんな所で雨に当たったら大変なので、急いで下りることにしました


前方に反射板・神社が見えています
16073016.jpg
下り側にも何やら黒い雲が・・・
14:19 急げ~~



猛烈な勢いで下って
16073017.jpg
14:52 無事下山完了


山頂までの上り 2時間20分
山頂からの下り 33分


部子山、上りは辛いけど景色が良いから毎年来ちゃう
今年、もう一回くらい行きたいな~



【走行データ】
Tm  2:34
Dst  31.3km
AV   12.1km/h
Max  66.7km




スポンサーサイト
  1. 2016/07/30(土) 14:30:37|
  2. MTB
  3. | コメント:4

横根の観音さん

27日(日曜日)

16032701-5.jpg
横根観音


娘はインフルエンザ
嫁は看病

って事で、私は軽く仮眠をとった後、活動開始

昼食の準備をするのに息子を連れ、近くのスーパーへ買出し
息子「カルピス買って~(みかん味)」
私 「いいよ~~

帰路の車内で
息子「カルピス買ったで、今度は水汲みに行かなあかんね」
私「ほんなら昼ご飯食べてから、いつものところ水汲みに行こうか


昼食後、出発
16032702.jpg
サドルの位置が低かったので、適当に上げてやりました
子供の成長って早いな~


それにしても私のお尻、どうなってるんやろ
座ってるだけで痛いんですけど・・・


16032703.jpg
正面の山の麓が横根町になります



『横根の大杉』着
16032704.jpg
左の大杉の根元から清水が湧いています

ここで息子に提案


私「此の坂を上ったところで水飲んだら
  今よりもっともっと美味しく飲めるよ行ってみようか
息子「うん!分かった




っで、ヒルクライムの始まり~~~
16032705.jpg
坂が急なので、最初からインナー&ローで上らせます



クルクル回して、頑張ってますね
16032706.jpg
途中2度ほど足付きがありましたが、それでも十分です



最後の激坂
無理だとは思いましたが「とりあえず頑張ってみね」っと挑戦させます
16032707.jpg
やっぱり無理でした
そこからは押して頂上に向かわせます



息子「頭がクラクラする。背中が痛い~」と泣き出してしまいました
16032708.jpg
でもゴールは目の前
「もう少し頑張って歩け」と喝を入れます


16032709.jpg
もうちょっとや! 頑張れ~~~~




横根観音様前、到着
頭から首筋にかけ、先ほど汲んだ水をぶっ掛けてやりました
16032710.jpg
息子「気持ち良い~~ もう治ったは」だって

でも、本当に此処まで頑張って上って来たと思う




16032711.jpg
此処から見る武生市内の景色もまた素敵



16032712.jpg
日野山の左隣に見える、あの尖った山は『冠山』だ
北の方には白山も見えてましたよ
山頂に雲が掛ってたのが残念です



下りは危ないから、ゆっくりゆっくり下りよう
16032713.jpg
グレーチングの隙間が広いから、前輪嵌めないよう注意が必要です



無事、下って来ました


横根大杉の横の清水でお水をいただきます
16032714.jpg
今回は2本で3L


担いで来たリュックに入れ帰路へ


16032715.jpg
お陰様で回復走には丁度良い距離を走ることが出来ました


帰ってからのカルピス、そりゃ~美味かったですよ

またお散歩行こうね

【走行データ】
Tm   1:10
Dst  12.8km
AV   10.8km/h
Max  21.2km

  1. 2016/03/27(日) 15:23:05|
  2. MTB
  3. | コメント:4

MTBで散策

20日(日曜日)

7:50 我家集合
メンバーは、しんちゃん・ささまん君・私の3名

広域農道を南進

途中、しんちゃんが「あの山上ってみたい~」というのでご招待


北山町にある『船山』という古墳です
 
旧道側は通行止め
新たに作られた舗装された新道から上って行きます

15122001.jpg
「斜度が急だからインナー&ローで上ってね~~」って


15122002.jpg
一気に稜線まで上ります


上り始めて4分
っあという間に身体仕上がりました
15122003.jpg
船山山頂(大師堂)で休憩



呼吸が整ったところで出発


尾根伝いに南へ走り金刀比羅宮へ
15122004.jpg
稜線の両側には石仏が並んでますよ



15122005.jpg
下りは適当に切り株を避けながら下って行きます
これがMTBの楽しさですよ~~~




霜で地面が凍っていたのでしょうね
15122006.jpg
タイヤの溝が氷で埋ってました



さて今日は、白崎さんところのシクロクロス部の方々が
池ノ上森林スポーツ林道で走行練習をするということで
私たちもお邪魔することにしました


15122007.jpg
水面に靄が掛かり幻想的な雰囲気で良いですね



15122008.jpg
つわものが続々と集まって来ました





周りの散策も兼ねて2周回しました
15122009.jpg
一番奥の分岐を左折し、急な上りをそのまま行けば
広瀬に出たと思います・・・タブン

ささまん君・しんちゃん、次回は此処から帰りましょう



15122010.jpg
皆さん何やら良からぬ相談をしている様ですよ




私たちは時間の都合で途中離脱となりました

また機会があったら揉んでください


んで、帰り道は
自宅とは反対の方向へ

池ノ上を更に上って行きます


上り切った尾根の分岐
15122011.jpg
そのまま真っ直ぐ行けば白崎公園に出るのですが
それでは面白くない

折角、MTBに乗っているので分岐を右折して・・・



15122012.jpg
下の方に赤い屋根の愛星保育園が見えて来ました
方向は間違いないようです





徐々に良い感じになって来ましたね
15122013.jpg
タイヤも泥濘に嵌り、ペダリングをミスると
この泥沼に足を付くことになります
なかなかの緊張感です




15122014.jpg
更に進んで行くと藪も深くなって来ました
益々良い感じで楽しいです



倒木があると流石にバイクから降りなくてはなりません
15122015.jpg
一回足を付いちゃうと漕ぎ出すのが大変

こういった泥濘も荷重のかけ方(バランス)&スムーズなペダリングを
意識しながらクリアーして行きます



途中、素晴らしい景色も見れました
15122016.jpg
越前平野の奥に見える白山&別山です



峠の展望台のところまで来ました
15122017.jpg
分岐が有り、どちらに行こうか迷いましたが
方向的に帰り道のR8号方面に向かうことにしました


15122018.jpg
後は下るだけです


一気に下り出て来たところは・・・


15122019.jpg
越前市斎場

予定通りのコースでした
っが、絶対一人では来たく無いコースです



15122020.jpg
R8号に出て北進
塚原の交差点でYMD君にばったり出くわすなど・・・




15122021.jpg
それにしてもあまりに汚い自転車
このまま帰っても室内には入れられないよね~~~~


って、ことで



15122022.jpg
洗車場にピットイン


高圧洗浄機でズギャギャギャギャ~~~~~~~


6分間で500エソだったかな




お蔭様で3台ともピッカピカ
15122023.jpg
今後は此れかな!・・・オヌヌメ



MTBで里山散策は本当に面白い
また行きましょう

15122024.jpg
因みに斎場上の、峠の分岐を右折してたら
春日野トンネルの上部に出たと思われます

今度、確認しに行く


【走行データ】
Tm   2:02
Dst  27.3km
AV   13.3km/h
Max  34.4km



  1. 2015/12/20(日) 22:50:05|
  2. MTB
  3. | コメント:4

行司岳???

27日(日曜日)
今日は1日 振興会役員として、朝から地域イベント『ふるさとの集い』のお手伝い

15092721.jpg
私はバザー担当


午前は終わり昼食

外を見ると、めっちゃ良い天気

我慢出来る訳もなく脱走計画


ささまん君のところにすると
「行く行く~~~~」って



時間も無いので近場で遊べるところ『三里山』を選択

15092701.jpg
13:43 準備をし上り口に向かいます




15092702.jpg
久し振りに来ましたが走り易いダブルトラックです




っと、思ったのも束の間






次第に酷い藪と蜘蛛の巣
15092703.jpg
前を走る者が藪漕ぎしながら進んで行きます




14:27 自転車は此処まで
15092704.jpg
自転車デポして歩いて山頂目指すのですが・・・


ささまん君にどっち行く(南三里山or行司岳)と尋ねると
「行司岳」との事でした
15092705.jpg
デポ地より左手に進んで行きます



15092706.jpg
どんどん登って行きますよ



14:36 ピークまで来ましたが、標識とか標柱とかな~~~~んにもありません
15092707.jpg
そんな馬鹿な・・・

不完全な気持ちのまま、時間も無いので下山する事にしました


15092708.jpg
当然、来た道を戻るので藪漕ぎになります



ちょっと下ると路面はぐちょぐちょ
15092709.jpg
泥跳ね上げで、泥だらけ




15092710.jpg
折角登って来たのに見えた景色は、この僅かな河和田方面だけ



後ろに見えてるのが行司岳
15092711.jpg
15:09 デポ地着



なんか納得出来ないので、家に帰ってから行司岳について調べると












ピークから一旦下って登り返すと標柱の立つ行司岳山頂



だそうです

登り返す前のピークで帰って来てもた

これはリベンジしなきゃ~~ですね

【今回のルート】
15092720.jpg
こうしてデータ見直すと行司岳山頂まで行けてないですね

行動時間 1時間25分
距離    12.5km






走り足りなかったので近所の山へ
15092712.jpg

距離は短いですが、やっぱりシングルトラックの方が楽しいですね~~

15092713.jpg

またMTBで近くの山、散策に行きましょう

  1. 2015/09/27(日) 21:52:10|
  2. MTB
  3. | コメント:2

里山散策

24日(月曜日)
調子悪かったMTBのブレーキ周りを一新

制動確認のため裏山に行って来ました
15082401.jpg
この山今までは、此処にしか登り口ありませんでした



中腹まで来ると分岐が・・・

15082402.jpg
①から登って来て右折
とりあえず山頂を目指します
正面(直進)の道は、今年出来たものと思われます



山頂まで僅か9分
低山ですが眺めは良いです
15082403.jpg
武生市内方面


15082404.jpg
鯖江方面



山頂から新たな道が出来てました
案内板には『駐車場(近道)』と書かれています

こういう場合は、殆んどが階段なのでチャリでは走れないだろうけど
念のため確認に向かいます
15082405.jpg
担ぎは嫌なので、来た道を中腹分岐まで戻ることにしました



中腹分岐を②へ向かいます
新たな道でワクワク
何処に向かうのだろうか?
15082406.jpg
散策路には木片チップが敷き詰められてました


結果的に此処だけが階段
15082407.jpg
ちょいと担ぎます



素敵なシングルでしょ
15082408.jpg
散策路は良い感じに踏み固められています



15082409.jpg
ちょいと迂回すれば階段を避けられ
下まで乗車のまま行けました



2周目は③から登って来て左折
同じコースをもう一周回

15082410.jpg
短い時間ですが、凄く楽しめました


こんな素敵な里山が近くにあるってイイね












27日(木曜日)
ささまん君から
「MTBのブレーキ交換したから、ちょっと付き合え」と・・・
(毎日の村国山トレでブレーキ、焼けてしまったようです)


定時後、子供を塾まで迎えに行き
その後、ささまん家に向かいます

15082701.jpg
今日の里山散策は此処です
早くも ささまん得意の『ダラリ右手手放し走法』を拝むことが出来ました・・ヤッタネ

急がないと、直ぐに暗くなってしまいそうです


此処が辛いんだよな~~
15082702.jpg
左脹脛の筋肉がゴッポリと浮き上がってますね
流石、村国王子です


先ずは展望台へ
15082703.jpg
今日は素晴らしい秋晴れでしたね
日中走りたくて身体ウズウズしてましたよ


呼吸が整ったら散歩道へ
15082704.jpg
此処は分岐が多く自由にコース選択が出来ます



途中から脇にそれシングルへ
15082705.jpg
っあという間に下って行ってしまいました



下に降りて中腹まで上り返す!を4周回
1本でヘロヘロですよ
15082706.jpg
それとは別に新たな箇所を2本ほど走ってみました

やっぱりこの山、バリエーション豊かで面白いは
また行きましょうね


っにしても、右手首痛いな~

  1. 2015/08/27(木) 23:21:35|
  2. MTB
  3. | コメント:8
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。