taizoの暇つぶし

自転車と釣りを愛す主夫の日記です

息子と雑魚釣り

朝一はチャリ

14083101.jpg
ささまん君と武丹さんの集合場所に向かいます

気温は20度
朝は涼しく走り易くなりましたね~


6時 北日野コンビニ集合
14083102.jpg
当然ですが武丹ジャージがたくさん

『宜しくお願いします』っで出発



走り出し直ぐに猫邸へ
14083103.jpg
まだ走り出して5分も経ってないですよ~~~




14083104.jpg
アキラさんを先頭に魚見峠に向かいます




14083105.jpg
今年2度目?の魚見
やっぱり坂嫌いです


ポタポタ走りながら裕美男とお話
「私、teraさんと超ロング走って凄く力付いたんです
微下りなら40以下では牽かないでクダサイね」だって・・・スゴイプレッシャー



池田の町中で休憩
14083106.jpg


私とささまん君は9時までに帰宅なので、ここでお別れ
デロノリ君と裕美男も一緒にって事で、新清水谷から今立経由で帰る事にしました
14083107.jpg





んで、実力の付いた裕美男列車のスピードは・・・


14083108.jpg
これにはオドロキです
微下りではなく平地を32~33km/hで牽いてました




14083109.jpg
今後はゆっくり後ろ走らせて貰いますね

お疲れ様でした~



【走行データ】
Tm   2:09
Dst  53.2km
AV   24.8km/h
Max  62.6km








帰って、次の準備

前日に息子と釣りに行く約束をしていました

昼食を作って、目的の場所へ向かいます



当初、予定していた場所は人いっぱいで入れず

んで、いつものところへ



幸先良く、1投目から

「キタ~~~~~~~~~
14083110.jpg



上がって来たのは




14083111.jpg
残念、目的の魚じゃありませんでした




14083112.jpg
次はチーバス2匹掛け
やる~~~~



此処で、ささまん親子もやって来ました

Tai「此処には目的の魚居ないみたい。もう少し下流でやってみね
これが正解




チヌGET
14083113.jpg
その後も此処で釣れるのは目的の魚じゃないものばかり


その時、ささまん君から電話
「ちょい下流で入れ食いやで、こっちおいで~~」って
14083114.jpg
サイトでの釣りですね




14083115.jpg
直ぐに私たちにも釣れました
夏の風物詩『ハゼ釣り』




この魚もけっこう釣れます
14083116.jpg
何て名前の魚か分かる人いますか?


15時くらいまで遊んだでしょうか
14083117.jpg
餌のゴカイが無くなったのでStop fishing



帰路途中『道の駅 河野』に立ち寄りソフトクリームmgmg
14083118.jpg
此処のは乳の風味が強く美味しいですね~






帰って、魚の始末をして、風呂に入ってお出掛けの準備








夜は自転車仲間の飲み会です

会場は『獏の住む森』

受付で安~~~い会費を払い会場内へ
14083119.jpg
これがあれば『飲み食べ放題』です



受付にクジがあり、やってみると・・・
14083120.jpg
あら、色付いた玉が出てきたじゃあ~~りませんか

また食事に来たいと思います



皆、揃ったところ?で乾杯~~~
14083121.jpg
やっぱり生は美味いですね


14083122.jpg
ワイワイ・ガヤガヤ、何を話したかさ~~~~~っぱり覚えてません
凄く楽しかったです

また誘ってください



  1. 2014/08/31(日) 19:20:33|
  2. 釣り
  3. | コメント:4

MTBで部子山

朝起きると外は快晴
(天気予報では曇りだったのに・・・

どこに行こうかな



迷った結果、天気が良いので標高の高いところを目指すことにしました




7:00 身支度も整い出発

今回は分岐手前まで車で来ました

14083001.jpg
7:02 山頂までおおよそ2時間
愈々、辛い上りのスタートです


部子山は1km毎に表示板が立てられています

スタートの分岐が12.5番くらいでしょうか

14083002.jpg
大体8.5番くらいまでの4kmがこの様な激坂です
って、写真では伝わり難いですよね





この日は多くのウリボーに歓迎されました
14083003.jpg
往復で4~5匹くらい遭ったかな?

道路脇の茂みの中から「フゴッ フゴッ」と低い鳴き声が聞こえて来ました
ウリボーの「プキィー プキィー」って甲高い鳴き声じゃない
しかも何頭?何十頭?も居るようです
マジでマジでマジで恐かった




14083004.jpg
9番を過ぎ、この激坂を上れば前半のヤマ場は終了
もう少しガンバル





「能楽の里牧場」の牧場小屋が見えて来ました
まだまだ先は長い
14083005.jpg
今のところ天気は問題ナシですが急がないと
いつ山頂にガスが掛かるか分かりません





8:00 6番分岐 
14083006.jpg
スタートしてから此処まで、計った様に丁度1時間
後半も頑張ろう



14083007.jpg
6番分岐から程なくして未舗装となりました
距離にして500mくらいかな?
やっぱりMTBで来て正解でした




5番分岐 左側の大野への道はいつ開通するのだろうか
14083008.jpg
山頂は右です





14083009.jpg
5番過ぎにも一部未舗装路が・・・
ここは100mくらいです















暫く走っていると















道路が???

















あちゃ~~~~~










大木が崩れ完全に道路を塞いでいます
14083010.jpg
どうしよう


此処まで来て山頂からの景色見ずに帰るのは寂し過ぎる



って、ことで先ずは自転車放り投げて
その後自分もどうにかこうにか・・・見事クリアー

帰り同じことせ~なあかんかと思うと嫌になる



14083010-5.jpg
ついにガスが降りて来ました



3番分岐
14083011.jpg
これでは山頂からの景色は期待出来ないです
折角此処まで来たのに・・・





9:02 0番到着
14083012.jpg
此処まで2時間2分
予定通りです




此処から山頂までは登山道
14083013.jpg
少しの区間、担ぎとなります






9:12 山頂 ヤッタネ
14083014.jpg
残念ですが、大野側(銀杏峯)の景色は全くありません




ですが、武生方面はガスが切れ、僅かですが山頂からの景色を楽しむ事が出来ました
14083015.jpg
一時ですが、反射板や非難小屋が見えましたよ~



東側から雲が迫って来てるので急いで下ります





14083016.jpg
一昨年前までは、此処は未舗装だったんですけどね
舗装され走り易くなりました






9:36 「能楽の里牧場
14083017.jpg



何とかガスが掛かる前に辿り着く事が出来ました
14083018.jpg
晴天の時は、三国湊まで見ることが出来るのですが
今日は少々雲が掛かっており視界半分


それでも、これだけの景色が見れたのですから大満足です




下って、大木崩れが道を塞いでる箇所を何とかクリアーして



今回は此処から下ってみようと思います
14083019.jpg
『林道 尾幸谷線』




下って直ぐに




14083020.jpg
生茂ってますね~~
獣も多そうなので諦めて来た道を戻ることにしました



下りは速いですね~


10:22 デポ地着
14083021.jpg



【走行データ】
Tm   2:43
Dst  31.6km
AV   11.6km/h
Max  61.5km




帰ってから、ちょいとお出掛け




美味しそうなポップコーンを発見
14083022.jpg
G.H.クレターズ キャラメルポップコーン

アメリカシカゴのポップコーンマシーンメーカーが作る
大人気のポップコーン
【お一人様 3つまで】ですって

高額商品なので1袋のみ購入


さすがに高いだけありますね~
濃くのあるキャラメルを全体にコーティングして
外はカリカリで中はサクサク
凄く甘いですが、でも癖になる美味しさでした


  1. 2014/08/30(土) 19:34:31|
  2. MTB
  3. | コメント:4

ちょっとが早いな~

定時後、急いで海へ


目的は『アオリイカ』

まだ良い話は聞いてませんが
今の状態がどんな感じか様子見です


先ずはエギ2.5号から




寄っては来るが抱かない




まだ獲物が小さいから仕方ない





食いが渋いのでエギのサイズを下げ2号へ




14082901.jpg
漸く1杯目









14082902.jpg
次は黒~~い子
なんでこんなに黒いんやろ?
底に付いてたからかな





少し活性も上がって来たのでエギ2.5号へ


14082903.jpg
何とかGET
この子は♂やろか♀やろか?
分かり難い






その後、釣れ止んだらエギのカラーを変えたり
アクションを変えたりして、アオリイカの興味をひいて・・・

14082904.jpg
この子はメスやね




辺りが薄暗くなって来たのでStop fishing

この子で最後
14082905.jpg


釣果はリリースも合わせて10杯

1時間で、この数ならま~~~良しとしよう






とっとと帰って後始末

14082906.jpg
今晩は下処理まで


明日、もっちりした烏賊を堪能しよっと


アオリは、まだちょっと早いみたいです
次は2週間後ぐらいに行こうかな




  1. 2014/08/29(金) 21:40:03|
  2. 釣り
  3. | コメント:0

ポタのち恐竜

24日(日曜日)
AM5時 自宅出発
同行者は、ささまん君

まともに自転車乗るのは8月2日以来だから3週間ぶり
ちなみにささまん君は4週間ぶり


当然ですが、漕ぎ始め全く足回りません

石生谷の丘ですらツライ


ヘロヘロと全然漕げないまま山中トンネル
14082401.jpg



下って梅浦着
14082402.jpg
「北&南 どっち行く

ささまん君が8時までに帰らなくちゃならないので
南方面に下ることにしました




向かい風がツライ
14082403.jpg
海岸線を頑張って漕いで『糠』で休憩





河野から今庄方面に向かいます

14082404.jpg
桜橋で信号待ち
ささまん君、信号待ちの格好が変ですよ



少し上ってホノケ山トンネル
14082405.jpg
湿度99%って感じで視界不良
路面ベタベタでございます




14082406.jpg
今庄って不思議とこんなトンネル多いですね




帰路途中、YMD君と遭遇
14082407.jpg
南条SAで休憩することにしました


ささまん君は時間の都合で此処まで!
また機会があったら走りましょ





此処からの帰路はYMD君と2人


今日、刺激を入れて無かったので
極上のヤツをお願いしました






お願いしといて言うのも何ですが







14082408.jpg
このスピードはヒドイ・・・・酷過ぎますよ

完全に脚終わりましたOrz







更にこの先の微上りでアウター&トップの勝負を挑まれ












14082424-5.jpg
燃えつきたよ、、、、、まっ白に、、、、、



本気で頭ん中、真っ白になりました
14082410.jpg
YMD君、ご馳走様でした
また暇な時、揉んでやって下さい


【走行データ】
Tm   2:58
Dst  77.1km
AV   25.9km/h
Max  60.2km






帰宅後、シャワーしてお出掛けの準備をして出発
(長女は部活)


11時 新戸ノ口トンネル先で武丹さんの列車を拝見
ライドの無事を祈りつつ・・・サヨウナラ





向かった先は
14082411.jpg
11:45 『グリル やまだ』


それにしても凄い人
次から次に県外のお客さんが入って来ます

ネットの力でしょうかね~


注文したのは、やっぱり此れ
14082412.jpg
かつ丼 880エソ
家族も大満足
ご馳走様でした





次に向かったのは『勝山 恐竜博物館』
14082413.jpg
此処へ来るのは、長男の遠足の時以来だから3年振りかな



14082414.jpg
招待券を貰ったから来たんですね~



14082415.jpg
此処も県外からのお客さんで凄く賑ってます





14082416.jpg
昔は恐がってた恐竜の模型も今は大丈夫
息子も随分成長しました



14082417.jpg
いつに無く真剣に活字読んでます
家での勉強もそれくらい真剣にしてくれると良いんだけれど・・・




14082418.jpg
「今日は面白かったか?」と訊ねると
「楽しかった。また来たい」だって・・・ヨカッタヨカッタ



14082419.jpg
入り口の模型と記念撮影



14082420.jpg
最後に外の遊具で遊び、会場を後にしました







帰路途中、ちょっと気になるお店に寄り道

14082421.jpg
Fuomiさんのblogで紹介されてた『お好み焼き 南茂』



メニューは
14082422.jpg
っえ、この2品だけ



14082423.jpg
私の夕飯のおつまみ購入
んで、いつもの様にgbgb逝っちゃいました


勝山方面は、まだまだ知らないところが沢山あります
今度は自転車で行ってみようかな~



  1. 2014/08/24(日) 20:33:58|
  2. 家族
  3. | コメント:2

鯵釣り

20日(水曜日)

定時後、Ishimotoさん・Masa君・私の3名でマリーナに向かいます

14082001.jpg
まっちゃんの到着を待って18時45分出船




向かうは波松沖

狙うは今年不調のマイカ

っとの事ですが、私は道具持ってないので鯵狙い


ポイントに着いた時には辺り真っ暗
14082002.jpg
電気を灯し釣り開始


右舷側3名は烏賊
左舷側3名は鯵 狙い



14082003-5.jpg
まっちゃん、貴重なパラソル級にご満悦
流石でございます





ベタ底で立派な鯵が入れ食い?
14082004_20140823081703569.jpg
水深深いためドラグを締め、少々強引にやり取りすると直ぐに
口切れしバレてしまいます

ドラグ緩々にしておくと周りの人とオマツリし仕掛けクチャクチャ
Ishimotoさん・Masa君、ゴメンナサイ



真面目に烏賊狙ってた まっちゃんの釣果
14082005_201408230817043a6.jpg
貴重なマイカ3杯もいただいちゃいました
ありがとうございます



私の釣果は・・・
14082006_2014082308171415e.jpg
立派な尺鯵がたくさん釣れました



今年は何処に行っても、この様な大型の鯵が居るそうで
此れだけ大きいと烏賊の餌になるどころか
恐怖に怯え近海(浅場)に寄って来ないような気がします




翌日 魚の始末
家族の人数分だけ干物作り
14082007_2014082308171701c.jpg
通常は海水と同じくらいの濃度5%の塩水に漬け込むのですが
私が一刻も早くビールgbgbしたいので倍の濃度10%で漬け込みます

んで、漬け込む時間は通常の半分の30分
何度も言いますが、とっとと済ませて早くビール飲みたいので

14082008_20140823081718519.jpg
キッチンペーパーで余分な水分を取り器に並べ冷蔵庫へ

14082009_20140823081719f41.jpg
冷蔵庫に入れ1日経てば出来上がり
(乾燥させる為、密封はしないで・・・)

干物作りは冷蔵庫で行うと腐らないのでオススメですよ



22日 見栄えは悪いですが味は確か
14082010.jpg
丁度良い塩加減&旨味
ご想像の通りビールすすんじゃいました



たまには、のんびり釣りも良いですね!
また行こうっと

  1. 2014/08/22(金) 20:35:21|
  2. 釣り
  3. | コメント:4

富士スピードウェイ(FSW)

14081601-5.jpg
『今回の影の主役 金剛杖



16日(土曜日)
7時起床
8時半~ バイキング
この日はノープラン(筋肉痛の具合が心配だったので
「さて、今日は何処に行こうか?」なんて話しながら朝食mgmg


前日の飲酒のお蔭で大切なことを、す~~~かり忘れていた




身支度整え車のところへ


娘が「やっぱり杖無いね~」っで、思い出した


たいへんな事を・・・



「忘れたことの責任の擦り付け」をしていても仕方が無い

高速飛ばして『富士北麓駐車場』に向かう事にした






車内の雰囲気は






ご想像の通り





凍りついてますよ








前日、駐車場を出たのが17時ごろ
今から急いで向かえば10時ごろには着ける



道中、いろんな事を考えた

あの杖を拾った(見つけた)人はどうするだろうか
・そのまま放置しておく
・持って帰るorそれを持って登る
・観光案内書に届ける
普通に考えたら、この3案だろう


もし杖見つからなかったら再度8月最後の休みに富士山登山に来ようって



山に登る人は良い人ばっかりと都合の良い解釈をし
杖が観光案内書に届けられていることだけを願い車を走らせた




10時半ころ『富士北麓駐車場』着
駐車場係員の方に前日の駐車場の半券を見せ、事情を説明し中へ入れさせて貰った

駐車場は満車に近い状態
なので、そのまま放置ということは考えられない



前日、荷物の積み込みをした場所に着いた


やっぱり杖は無かった







近くにいた駐車場係員の方に聞いてみた
tai「昨日、ここに杖落ちてなかったですか?」
係「焼印のいっぱい押してあるやつかな?あったで観光案内書に届けておいたよ
tai「あざ~~~~~~~す

14081601.jpg
『富士北麓駐車場 観光案内書』

中の係りの方に聞くと

「思い出の詰まった杖ですから、良かったですね
っと、奥から出して来てくれました(TOPの品)

「此処まで焼印の押してある金剛杖は珍しいです
いくら掛かりましたか

そりゃそうですよね
大事な大事な杖、置いて帰る人は少ないでしょうから



緊張で固まった身体が解れていきます
見つかって本当に良かった・・・ホッ



さて、この後どうする?
山梨まで来ちゃったけど・・・



目の前には『富士急ハイランド』があります
子供達は行きたそうですが、金銭的に却下
14081602.jpg
超絶叫系FUJIYAMA乗ってみたいな~



私の案で『富士スピードウェイ(FSW)』に行くことにしました
一日居ても家族で2000エソですから・・・





折角なので、道中にある山中湖も寄ってみました
14081603.jpg


立派なスワン号ですね
14081604.jpg
多くの白鳥の赤ちゃんも泳いでましたよ


記念にこんな写真も撮ってみた
14081605.jpg
筋肉質な娘がリアルにキモかったり・・・



国138号
14081606.jpg
春、自転車で走った時にはガスで全く見えなかった景色
こんなんやったんや~




信号待ちしていると前方より不思議な車がやって来ました
14081607.jpg
水陸両用バス KABA号
料金を調べてみると
大人:2200エソ  小人:1100エソ 
意外と高いのね




正午 『富士スピードウェイ』着
14081608.jpg
入場料(2000エソ)を支払い会場内へ


この日は『R31HOUSE WONDER FESTIVAL 2014』が行われており
スカイラインR31が全国から集結


14081609.jpg
駐車場はガラガラです



14081610.jpg
正午ということもあってメイン会場(レーシングコース)の方は休憩



ドリフトコースの方より甲高いタイヤが擦れる音が聞こえて来ました

14081611.jpg
S13、15型が練習走行



ドリフトといったらやっぱり此れでしょ~
14081612.jpg
名車 AE86 通称『ハチロク』。
頭文字Dでも主人公の藤原拓海がハチロクを操ってますね




13時を過ぎレーシングコースが賑って来ました
向かってみると・・・
14081613.jpg
俺の音を聞け!ということで1台ずつホームストレートをかけて行きます



ピットの方に廻って見学

オフィシャルカー
14081614.jpg
R35 GT-R

14081615.jpg
BMW 5シリーズツーリング

此処ってトヨタ自動車の傘下だよね
どうしてオフィシャルカー、トヨタ車じゃないんだろ



中の方も見学
14081616.jpg
GP500 CLASSの車が並んでいます
エンジン乗せ替えてあるみたい
RB25・RB26に・・・


14081616-5.jpg
当然ピットはR31だらけですよ




14081617.jpg
ピットの方からメインスタンドを見ると・・・




暇そうですね




いったん戻って、再度ドリフトコースへ

昔懐かしいチェイサー&マークⅡが練習してました
排気量・パワーの大きい車は迫力ありますね
14081618.jpg
ドリフト走行に嫁感激
「横に乗ってみたいは~~」って
はい!私の車では無理ですよ

そんな時、MA310さんから面白い映像が届きました
これが世界最速のミニバンか!? The fastest minivan in the world
こんなこと出来ませんよ





再度、レーシングコースに戻って来ました(彼方此方忙しない
14081619.jpg
R31HOUSE GP 2014 GP300 CLASSの決勝


続いて
14081620.jpg
R31HOUSE GP 2014 GP500 CLASSの決勝
多分、全台 エンジン替えてますね
見た目は古いが、中身は最新


14081621.jpg
カルソニック スカイラインも居ます

やっぱりレース観戦は楽しいな~~


結局、最終戦まで見学
会場を後にしたのは17時でした
私・・・大満足
嫁・・・満足
子供達・・・飽々
こんな感じでしょうか



帰りは 御殿場IC~新東名~
14081622.jpg
17:37 駿河湾沼津SAでお土産購入~新東名~


14081623.jpg
19:14 NEOPASA浜松SAで夕食


私と娘は『ふわトロオムライス』をチョイス
14081624.jpg
昔懐かしい洋食屋の味
たいへん美味しゅうございました



新東名・東名の合流地点の三ヶ日JCT付近で渋滞
滋賀県に入り大雨



23:50 自宅着




自動車レースを観戦するのって楽しいな~
でも、富士はちょっと遠い
機会があったら久し振りに鈴鹿行って来よっと

  1. 2014/08/16(土) 19:44:34|
  2. 未分類
  3. | コメント:4

2014 霊峰富士

15日(土曜日)
14081501.jpg
『富士山山頂 浅間大社(せんげんたいしゃ)奥宮』



数ヶ月前のこと
ささまん君家族と富士山登山の計画を立てた
我が家 『吉田ルート』
ささまん家 『富士宮ルート』
対面に位置する場所から各家族が登り、山頂で落ち合おうという計画



前日16時自宅出発
北陸道⇒敦賀まで渋滞 愛知県に入っても渋滞が続きそうなので
⇒関ヶ原ICで下車⇒国21号⇒岐阜各務原IC⇒東海北陸道⇒東海環状自動車道⇒中央自動車道⇒河口湖IC下車
随分遠回りをし、23時前『富士北麓駐車場』着・・・高速割引ナシはキツイ

駐車料金 1000エソ

目覚ましをSETし車中泊


嫁:3時起床 他:3時半起床
山頂の天候は
B:風または雨が強く、やや登山に適していません
C:風または雨が強く、登山に適していません
と微妙だが準備をし、予定通り出発することにした



も顔を出しており天気は良好のようだ
14081502.jpg
山頂に向け山小屋の明かりが伸びてますね



14081503.jpg
4:30発のシャトルバスに乗り登山口の『富士スバルライン五合目』に向かいます

因みにバス代は
運賃:往復1860円(子供半額) 合計5580エソ



バスに揺られること45分
14081504.jpg
富士スバルライン五合目着

現時点での天気は申し分ありません

何時ごろからガスが掛かって来るかが問題です
出来るだけ早く出発したいですね



この富士山という山は、山そのものがご神体「浅間大神(あさまのおおかみ)」として祀られており、
総本宮である「浅間大社(せんげんたいしゃ)」を富士信仰の核としています

何としても登拝に成功し奥宮で参拝したいところです



14081505.jpg
嫁たっての希望でレストハウスへ




準備を整えます
14081506.jpg
希望の品『金剛杖(四角または八角の白木の杖)』購入

登拝の手順は、金剛杖を付き、精神を清める掛け声である「六根清浄」を唱えながら登り
頂上では両奥宮参拝後、お鉢廻りをするのが習わしらしい

六根清浄が分からないから、お喋りしながら登るだけだね



5:30 登山開始(標高2305m)
14081507.jpg




今回のコースはこれ
14081507-5.jpg
吉田ルートの特徴
・登山道と下山道が別になっている
・登りの登山道には山小屋が多いが、逆に下山道には山小屋が少ない




先ずは横スライドで六合目吉田口登山道を目指します
14081508.jpg
雲さえ無ければ、此処でも十分ご来光が拝めますね




開始早々「あつい~あつい~」って
動き出すと、直ぐに身体温まりますからね!
14081509.jpg
写真左手の山は八ヶ岳連峰です



樹林帯の中を歩きシェルターを抜けると六合目です


6:02 六合目吉田口登山道着
14081510.jpg
愈々、本格的な登山が始まります



14081511.jpg
山頂まで5.3km
『がんばるぞ~~~~~





6:51 花小屋 七合目 2700m
14081512.jpg
『六根清浄』の焼印を押して貰えました
これで唱えながら登らなくてもイイとか・・・



14081513.jpg
花小屋からは急な岩場の登山になります




6:56 日の出館 七合目 2720m
14081513-5.jpg
またまた焼印が出来るみたいです



7:07 七合目トモエ館 七合目 2740m
14081514.jpg
あれ、あれあれ~~~ 
tai「これで7合目の焼印3つ目やで!また押すんか
嫁「当たり前やが





救護所
14081515.jpg
ここのお世話にはならない様、注意しなくちゃいけませんね





7:16 鎌岩館 七合目 2790m
14081516.jpg
tai「また焼印押すんか
嫁「全部、押すって
tai「マジっすか
嫁のヘンなスイッチが押されてしまった様ですOrz



14081517.jpg
ここは安産の神が祀られている様ですが、もう嫁には関係ないかな





7:24 富士一館 七合目 2800m
14081518.jpg
息子が焼印をお願いする係になったみたいです
これで嫁・息子のテンションが上がるなら良いかな





14081519.jpg
下から見えてた鳥居がもう直ぐ其処です





7:38 鳥居荘 七合目 2900m
14081520.jpg
ペースの速い嫁と長男
私が山小屋に着いた時には焼印作業は終わっています
私のみ休憩無しで先に進むことになります





7:46 東洋館 七合目 3000m
14081521.jpg
漸くこの山小屋で七合目は終わりです
7合目だけで約1時間ほど登り、その間に山小屋7軒
ちょっと多くないかな?

14081522.jpg
焼印には、直火式と電気式があるんですね
直火式だけかと思ってました




14081523.jpg
これより更に勾配は急になります
両手はフリーな状態で登るようにしました




8:09 太子館 八合目 3100m
14081524.jpg
漸く8合目です



14081525.jpg
ここで少し補給を摂る事にしました
お腹空いてなくても無理にでも食べさせます




8:25 蓬莱館 八合目 3150m
14081526.jpg
焼印の数も大分増えて来ましたね




14081527.jpg
蓬莱亀岩 八大龍神の石碑がありますが此処からは見えません


もう少し登った・・・
14081528.jpg
前方に見える、あれがそうでしょうね
下には山中湖が見えてます




8:54 白雲荘 八合目 3200m
14081529.jpg
ここで富士山に次いで標高の高い北岳3193mよりも高くなります



9:08 元祖室 八合目 3250m
14081530.jpg
いったい、いつまで続くんやろ8合目

14081533-5.jpg
まだ天気は良好で山中湖や河口湖なども見えています
子供達はまだまだ元気みたいですね~



9:30 本八合目富士山ホテル 本八合目 3400m
14081532.jpg
今、どの辺りを歩いているのやら

地図があったので確かめてみることにしました
14081533.jpg
「頂上までもう少しやが~~~
皆、俄然ヤル気が出て来ました


14081534.jpg
此方側が富士山ホテル第二です
ここの山小屋は大きいですね



9:37 本八合目トモエ館 本八合目 3400m
14081535.jpg
釈迦如来像が大切にお祀りされています

標高を見れば分かりますが、富士山ホテルとトモエ館、続けて山小屋が並んでますね!

ここでの目的は『幻のあんぱん』
14081536.jpg
10時にブルで運んで来るのは知っていたので、待ってようかと思ったのですが
店員さんが「この時間だったら山頂行って下りて来ても、まだ残ってるよ」っとの事なので
帰りに寄る事にしました


14081537.jpg
さて此れより浅間大社境内に入ります



9:55 御来光館 八合五勺 3450m
14081538.jpg
長かった8合目も漸く終わりです
7合目同様短い間に山小屋7軒
やっぱり、ちょっと多いような・・・



此処に来て山頂にガスが掛かって来ました
14081539.jpg
この時間からだと天気が回復することは望めませんね




10:35 九合目 3600m
14081540.jpg
九合目には山小屋が無いので、そのまま登って行きます


此処からの登りは更に急
14081541.jpg
視界が悪くなって来たうえに強風も吹いて来ました

少しでも身体を起こすと突風で飛ばされてしまいそうなので
子供達には両手を付き姿勢を低くして登るよう伝えました


山頂に近付くにつれ突風の回数も増えて来ました
突風が吹いたら足を止め、風をやり過ごし
風の弱まったのを見計って登るの繰り返しで高度を上げて行きます


14081542.jpg
鳥居を潜れば山頂は目の前です



11:02 吉田・須走ルート山頂
九須志神社石標前で記念撮影
14081543.jpg
『ヤッタ~~~~

私も記念撮影しようと石標前に立った瞬間






被っていた帽子が突風で・・・






あ~~~~








取りに走ったのですが風に飛ばされる方が速い







九合目付近まで飛ばされて行ったので
これ以上追い掛けても無理と判断し、帽子は諦め山頂に戻るのでした・・・ショボン


それと此処でささまん君からのメールを確認
『11:25 悪天のため途中下山します』とのこと
残念




14081544.jpg
富士山頂上奥宮 九須志神社




ここで最後の刻印をいただきます
14081545.jpg
焼印じゃ無いですよ
朱の刻印を金剛杖の最上部に打って貰います

14081546.jpg
コンプリート完成で嫁も超ご満悦
(いったい此れにいくら払ったのやら
それがこの後、悲劇な展開に・・・



最後に御朱印を購入し参拝したところで神社を出ます


14081547.jpg
お腹も空いた&寒さしのぎのため山小屋山口屋に逃げ込みます




今回も嫁の握ってくれた爆弾おにぎりmgmg
14081548.jpg
それと身体を温めるため『みそラーメン』を注文

山頂で食べるラーメン&おにぎりの組み合わせは最高に美味いですね
(本当は噴火口を見ながら食べる予定だったのですが・・・)


時間的に余裕はあるのですが、悪天・強風のためお鉢巡りは見送り



昼食を終え、下山の準備をしているとき




あれ~~~ あれあれ~~~~






店の店員さんが見覚えのある物を手に持って歩いて来ます




tai「あの~~~ それ私のなんです~




どなたかが山頂まで持って来てくれて、たまたまこの山小屋に置いてったそうです


帽子 返って来た~~~~~~
超・奇跡ですね
14081566.jpg
運んでくれた人『あざ~~~す




12:13 身支度も整ったので下山することにしました
14081549.jpg
写真では伝わり難いですが、この時の風速は・・・ドレクライダロウ

皆、抱き合ったり物陰に隠れたりして強風から身を守っています



娘も息子も飛ばされそうになり
「こんな中帰れない。山小屋泊まる~~」っと、泣き出してしまいました


そんなこと言ってもね~


一瞬の風の弱まりを待って、子供の手を引き、下山道に向け走ります


14081550.jpg
下り専用の砂礫道を下って行きます
風に押され速いですね~



14081551.jpg
地面に虹が掛かっています
なんか不思議な光景ですね



12:39 本八合目トモエ館
14081552.jpg
下りは「っあ」という間です

ここまで下りて来るとガスの影響も無し


此処に立ち寄ったのは、此れのため
14081552-5.jpg
『幻のあんぱん』
あんぱんに富士山の焼印が押してあります
此処でしか買えないみたいですよ



14081553.jpg
雲海から一本、紐状の雲が此方に向かって伸びています不思議~~



14081554.jpg
砂で滑りやすい九十九折れの道が延々と続きます
砂礫道もけっこう足にきますね



12:56 須走口との分岐
14081555.jpg
嫁と息子が待っててくれました
此処を間違えと大変なことになりますから・・・




相変わらず、嫁&息子のスピードは速いです

っあ、という間に見えなくなってしまいました



私は膝の具合が心配なのでマイペースでゆっくり下って行きます
14081556.jpg
雲の切れ間に河口湖が見えます





娘も膝が駄目みたい
歩幅を短くし、ゆっくり休み休み下るようにしました
14081557.jpg
未だ山頂には笠雲が掛かってますね
あそこだけ天気悪いんだろうな~


七合目公衆トイレで休憩
此処を過ぎれば後は穏やかなルートとなります

泉ヶ滝を過ぎ五合目管理センターに向かって歩いていると
前方より見覚えのある方がやって来ました
14081558.jpg
30分以上前に着いたそうです・・・ハヤスギ



15:32 無事下山
14081559.jpg
お疲れ様でした


ここで警備員の方に言われました
警「お兄さん達、良い日に登ったね」
tai「っえ、そうなの今日、良い日なの?」
警「今年は天気が良い日少ないんだよ」だって


14081560.jpg
お土産を購入し、16時発のシャトルバスで帰る事にしました




富士スバルラインを下っている最中、大きな野生の鹿が数頭
バスの前を横断して行きました・・・ビックリ


16:30 『富士北麓駐車場』着
14081561.jpg
早朝見た同じ位置からの富士山
つい先程まで、あそこの頂上に居たんだな~


【登山データ】
登山時間 5時間32分
下山時間 3時間19分
山頂休憩 1時間11分
全行動時間 10時間02分
標高差 1450m
距離  14km


因みに2013富士宮ルートのデータ
【登山データ】
登山時間 4時間46分
下山時間 3時間47分
(剣ヶ峰往復の時間は入ってません)
標高差 1350m
距離  8.5km



急いで車に荷物を積み込み帰路へ
(後にとんでもない忘れ物をしたことに気付く




この日は裾野のホテルに宿泊
お風呂に入り汚れと疲れを洗い流します

後、同ホテルに宿泊のささまん家と一緒に
18:30 外食&反省会
我が家は無事山頂登頂で気分良くビールが進む
ささまん家は、雨風が強く8合目で無念の判断をしたらしい

また機会があったらチャレンジしましょう


んで、会話の途中で重大な忘れ物に気付く

金剛杖を車に積んだ記憶が無い



はい 駐車場に忘れて来ましたOrz




  1. 2014/08/15(金) 21:23:05|
  2. 登山
  3. | コメント:8

2014 霊峰白山 

3日(日曜日)
14080301-5.jpg
霊峰白山 御前峰



hiroさんに誘われ、今年も行って来ました


2時半起床⇒3時半 自宅初
(5時集合の場合、3時には自宅を出発しないと駄目みたい)




5時 市ノ瀬駐車場着
14080302-5.jpg
そそくさと準備をしバス乗り場に向かいます

バス乗り場は長蛇の列
1回見送った後の5時半初のバスに乗り込み『別当出合』に向かいます


因みにシャトルバスの料金は
大人片道 500円
子供片道 250円


5時43分 『別当出合登山口』着
14080303-5.jpg



「皆さん、お待たせしてスミマセン

今回のメンバーは、hiroさん・Genさん親子・MA310さん親子・Sさん、私たち家族
(娘は所用に付き不参加)
14080304-5.jpg


5:50 鳥居を潜り、早速出発です
今回も『砂防新道コース』で室道を目指します


14080305.jpg
高所恐怖症の嫁が先頭
めっちゃ桟橋揺れてますが大丈夫なんやろか



バス1台分の人数が一気に登り始めるので出だしは混雑
14080306.jpg


ゆっくりゆっくり前の人のペースに合わせて歩くしかないですね




6:30 中飯場 着
14080307-5.jpg
嫁が「身体の調子が悪い」と言ってます
大丈夫かな?
「もう少し行ける所まで頑張る」とのことで
少休憩後、出発


私、中飯場~甚之助非難小屋までの道のりが大嫌い

なぜなら階段状の岩が続き膝への負担が大きいからです

14080308.jpg
赤い崩れた岩肌が見えて来たら甚之助まではもう直ぐです



7:45 甚之助手前でプチ休憩


7:57 甚之助非難小屋 着
14080309-5.jpg
嫁が作ってくれたサンドイッチで朝食
息子もモリモリ食べてます




14080310-5.jpg
hiroさんとMA310さん親子
また善からぬことを企んでるんでしょうか





8:26 南竜道分岐点
14080311-5.jpg
ここでもプチ休憩


トンビ岩コースからも登ってみたいなと思いつつも
今回も黒ボコ岩を目指します




14080312.jpg
此処から先は視界が開けるので好きです


景色を楽しみながら、ゆっくり登って行きます





前回、hiroさんがストックの先端ゴムキャップを落とした場所です
14080313.jpg
今回は何も落とさないのかな




14080314-5.jpg
子供が2人だとモチベーションが違いますね
メチャメチャ元気に登って行きます




延命水
14080315.jpg
次回はコップ持参して飲んでみようと思います




黒ボコ岩までもう少し
14080316.jpg
子供達のテンションは更に上がり、駆け足で登って行きました





9:02 黒ボコ岩(観光新道との合流地点)着
14080317-5.jpg
「後ろに残雪あるよ」っと、言ったら大喜び
真夏に雪見れたら嬉しいでしょうね~




14080318.jpg
MA310さんも黒ボコ岩の上に立つ息子を見つけ
大きく手を振っています



な・な・なんと此処でが降って来ました


9:14 カッパを着込みリュックにカバーを掛け、次を目指します




弥陀ヶ原まで来たら室道はもう少し
14080319-5.jpg
がんばろ~





9:33 室道 着
14080320.jpg

他のメンバーが登って来るのを待っていると・・・






あれ








あれ・あれ









嫁が「同じたけ友ジャージ来た人が登って来たよ」って










???







な・な・なんと





超人あわらさんでした
14080321-5.jpg
話を聞くと
あわら「大野の自宅から自転車(自走)で来た」っと・・・オドロキ
tai「谷峠~市ノ瀬~別当出合の山岳、フラペで来たんですか?」
あわら「そうだよ~ ちょっと疲れたは」だって・・・チョットネ
tai「ところで今、hiroさん・MA310さん・Genさんに会いませんでしたか?」
あわら「誰にも会ってないよ。先を急ぐからじゃ~~~」って行ってしまわれました


此処までの時間を聞いたら登山開始から130分だそうです
私とは身体の出来が違うみたいです

そんなことより抜かれた3人は何故あわらさんの存在に気付かなかったんだろうか

きっとあわらさんが速過ぎて見えなかったんだろうな~



暫く待っていると皆さん登って来ました


ここで作戦会議です




皆にこの後どうするか聞いてみると
hiroさん・MA310さん⇒視界不良のため昼食後下山
Genさん・Sさん⇒足が痛いので、このまま下山
下山後、Genさんに足の痛みの理由を聞いたら、
「間違って息子の靴を持って来てしまった」っと
そりゃ~靴合わないから痛くなるよね~



んで、我が家は・・・


息子も嫁も「山頂を目指す」っと



9:51 白山の奥宮拝殿(整備中)
14080322-5.jpg
ザックを室道に置いて山頂を目指します


予定通り視界不良
14080323.jpg
登り出し直ぐに室道センターは見えなくなりました




途中の岩場にお地蔵さん発見
14080324.jpg
隠れキャラ見つけたみたいで、ちょっと嬉しかったり




も、もう あわらさん下りて来ました
14080325.jpg
んで、あっ という間に見えなくなりました
どんだけ速いんですか・・・







10:25 白山奥宮
14080326.jpg
何をお参りしてるのかな?






10:29 白山山頂 御前峰着
14080327.jpg
吹き上げの風が冷たく寒いです
手袋してても手が冷たい



山頂まで来た達成感のみ感じ
記念撮影(TOPの写真)を行い下山






下りは岩肌も濡れてて滑り易く危険だし、膝への負担も大きいので
ゆっくりゆっくりマイペースで下って行きます




11:06 室道ビジターセンター着
14080328.jpg


腹減った~~~
さ~~~て、ご飯にしよう





昼食は、嫁が握ってくれた『爆弾おにぎり』&カップラーメン
14080329.jpg
私は『金ちゃんヌードル』

お湯は売店で100cc/100エソで購入
金ちゃんヌードルの大きさなら200エソくらいかな?


それと私は・・・


14080330.jpg
やっぱり『生』は美味い

【覚書】
生/500エソ+ラーメン3つ分のお湯/500エソ=1000エソ





11:37 用を済まし下山開始
14080331.jpg




帰路は、弥陀ヶ原からエコーラインへ
14080332.jpg
雨も上がり暑くなって来たので、カッパを脱ぎ長い下りに備えます



14080333.jpg
下りは此方からの方が、斜度は緩やかだし
景色は良いし、花もたくさん咲いているのでイイですね
距離は延びますけどね・・・




正面に別山、つずらおりの油坂、南竜ヶ馬場が見渡せます
14080334.jpg
この景色が大好きなんです~






12:35 息子が「疲れた」と言うので休憩
14080335.jpg
エコーライン・南竜道の分岐まで来ましたよ








緩やかに山肌をトラバースしながら砂防新道分岐を目指します
14080336.jpg
この辺りまで来ると森林限界より下限ですね




下から凄い勢いで雲が吹き上がって来ました
14080337.jpg
この現象、富士山登山でもあったことを息子は覚えていました・・・ウレシイ





12:49 甚之助非難小屋が見えて来ました
14080338.jpg
「あそこまで下ったら休憩しようね






13:11 甚之助非難小屋着
14080339.jpg
プチ休憩後、直ぐに下ります





此処からの下りが辛いんです

案の定私の左膝は、この下りで悲鳴をあげることになりました


14080340.jpg
登りより下りの方が時間掛かってるんじゃないかな?
スピードを緩め、ゆっくりゆっくり歩いて行きます




14:29 中飯場 着
14080341.jpg
ここもプチ休憩で直ぐに出発



更にスピードを緩め、ゆっくりゆっくり、ゆっくりゆっくり



後続の方に道を譲りながら、道を譲りながら、道を譲りながら
ゆっくりと・・・息子も膝が痛いと言い出したので




下り迂回路
14080342.jpg
此処までくれば、もう少し

がんばろう




14080343.jpg
漸く吊り橋も見えて来ました




14080344.jpg
息子もニッコリ笑顔
よく頑張ったね お疲れ様




15:13 無事、下山
鳥居を潜ったところで一礼
1日遊ばせて貰った山の神に感謝です
14080345.jpg
最後に家族で記念撮影をして白山登山を終えました



15時半初のシャトルバスに乗り込み市ノ瀬駐車場へ

そそくさと片付けを済ませたらお風呂に向かいます


白峰温泉 総湯
14080346.jpg
中には、Genさん親子・hiroさんがいらっしゃいました
ここでGenさんの靴の話を聞いたんですね~

今日1日の疲れを洗い流した後は



hiroさんと一緒に前回のリベンジへ
(前回は17時過ぎてて食べれなかった
14080347.jpg
水分の少ないの見て分かりますかね
たいへん美味しゅうございました

ここでhiroさんともお別れ

皆様、今回はお疲れ様でした
機会があったら、また一緒に登りましょう





【登山コース】
14080348.jpg



【登山データ】
登山時間 4時間46分
下山時間 4時間44分
合計時間 9時間30分
獲得標高 1577m
距離  19.5km





私事ですが、やっぱり膝に難有
昨年の失敗を踏まえ、今回はストックの使い方と歩行スピードに注意し登ってみました
前回、御前峰からの下り直ぐで逝ってしまった膝も
今回は甚之助非難小屋までもってくれました
もう少し上手に歩けば、膝への負担も減るかな?










今回はこんな事も・・・

白山で見かけた花を数点紹介
(花の名前あってるかな?)

14080351-5.jpg
イブキトラノオ

14080352-5.jpg
イワカガミ

14080355-5.jpg
クルマユリ

14080356-5.jpg
クロユリ

14080357-5.jpg
シナノキンバイ

14080359-5.jpg
タカネナデシコ

14080361-5.jpg
ニッコウキスゲ

14080362-5.jpg
ハクサンフウロ

14080363-5.jpg
ハクサンボウフウ

14080360-5.jpg
テガタチドリ

14080365-5.jpg
ミヤマダイモンジソウ

14080366-5.jpg
ミヤマツボスミレ

14080368-5.jpg
ヨツバシオガマ

14080369-5.jpg
散ったチングルマ


おしまい
  1. 2014/08/03(日) 19:51:42|
  2. 登山
  3. | コメント:12

サイクリング??

7月最終日 (木曜日)
塾帰りの息子を捉まえ近くの溝川へ



川底を覗いてみると、なにやら横にスライドする生き物が・・・






何度かのアタックで無事釣り上げることが出来ました
14080201-5.jpg


普通は『海老で鯛を釣る』ですが
今回は『米粒で蟹を釣る』です


14080202.jpg
針を外しリリース

もう釣られるんじゃないぞ~~


息子には良い経験になったかな?





2日(土曜日)
最近、全然走れてなかった(回せない)ので
一人でどこかポタリングしてよっと思っていたところ
テンチョさんから「サイクリング行きましょう」っとメールいただきました
「サイクリングなら」って、ことで参加して来ました



6時 府中大橋集合
14080203.jpg
メンバーは、しぇいごさん・Tさん・Hさん・どばちゃん・私の5名
+前半のみカッパ鉄工参加

このメンバー、どう見てもサイクリングで終わるはずがありません




14080204.jpg
しぇいごさん頭にスタートします



気持ちよいサイクリングペースで先頭交代して走って行きます




んで、カッパ鉄工が先頭の番



周りのことは何も考えず、力一杯回し後続をブッ千切って行きます



散らかすだけ散らかし、気が付いたら居ない???

知らぬ間に帰ってたみたいです


素晴らしい鬼牽きでした
また機会があったら揉んでやって下さいませ



14080205.jpg
一度上がったペースは落ちることなく県207号分岐へ




山中トンネルまでのスプリント?
14080206.jpg
Tさん先頭でペースが上がります




バトンタッチでドバちゃんが牽きます
14080207.jpg
それにしてもヒドイ牽き


いったい何㎞出ているのでしょうか?
メーター見ている余裕もなく必死に食らい付いていると





前方より茶色い羽虫がブ~~~~~~~ん



っあ・・・・・・・・・






っと、思った瞬間 口の中に『スポッ
(小指半分くらいの大きさ)



ッゲ~~~~




唾と一緒に外に吐き出そうとするも
ペッ・・ペッ・・
奥歯にしがみ付いて出てきません(マジデキモ)



針を持つ、刺すような虫だったらどうしよう?
毒があり、その毒を飲み込んだらどうなるだろう?

等々、色んなことを考えながら走る


っが、虫は一向に出てきません


意を決して、舌で虫を動かし
右奥歯から離れた瞬間、唾と一緒に外に放り出してやりました



マジでキモかった~~


その後も、唾を吐き続けていたのは言うまでもありません



マジでヘロッヘロです・・・Orz
14080208-5.jpg
どばちゃんの鬼牽き、ご馳走様でした


14080209.jpg
山中トンネルの左側にもトンネルあるんですが
誰か走ったことある人居ませんかね~?
ここは恐すぎて一人では無理ですね





一息ついたら帰路へ

下りをボチボチ楽しんでいると


後ろから どばちゃんが
「アベサンジュ~アベサンジュ~アベサンジュ~」と
つぶやきながら迫って来ます



必然的にペースはあがり

結果、写真はナシです



南条SAまでフルモガキ
14080210.jpg
超人気のため1日限定復活した
『ストロベリー ディライト フラペチーノ』mgmg
噂通り美味かったです・・・マンゾク




漸く解放されましたよ
14080211.jpg
お疲れ様でした



【走行データ】
Tm   2:06
Dst  61.8km
AV   29.5km/h
Max  50.8km




帰宅後、嫁が「甘いモノ食べたい」というので・・・
14080212.jpg
店名が読めません

夕食後の楽しみに買って帰りました

食事も出来るみたいなの今度行って来ようと思います






  1. 2014/08/02(土) 19:42:05|
  2. 自転車
  3. | コメント:4