taizoの暇つぶし

自転車と釣りを愛す主夫の日記です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2014 霊峰富士

15日(土曜日)
14081501.jpg
『富士山山頂 浅間大社(せんげんたいしゃ)奥宮』



数ヶ月前のこと
ささまん君家族と富士山登山の計画を立てた
我が家 『吉田ルート』
ささまん家 『富士宮ルート』
対面に位置する場所から各家族が登り、山頂で落ち合おうという計画



前日16時自宅出発
北陸道⇒敦賀まで渋滞 愛知県に入っても渋滞が続きそうなので
⇒関ヶ原ICで下車⇒国21号⇒岐阜各務原IC⇒東海北陸道⇒東海環状自動車道⇒中央自動車道⇒河口湖IC下車
随分遠回りをし、23時前『富士北麓駐車場』着・・・高速割引ナシはキツイ

駐車料金 1000エソ

目覚ましをSETし車中泊


嫁:3時起床 他:3時半起床
山頂の天候は
B:風または雨が強く、やや登山に適していません
C:風または雨が強く、登山に適していません
と微妙だが準備をし、予定通り出発することにした



も顔を出しており天気は良好のようだ
14081502.jpg
山頂に向け山小屋の明かりが伸びてますね



14081503.jpg
4:30発のシャトルバスに乗り登山口の『富士スバルライン五合目』に向かいます

因みにバス代は
運賃:往復1860円(子供半額) 合計5580エソ



バスに揺られること45分
14081504.jpg
富士スバルライン五合目着

現時点での天気は申し分ありません

何時ごろからガスが掛かって来るかが問題です
出来るだけ早く出発したいですね



この富士山という山は、山そのものがご神体「浅間大神(あさまのおおかみ)」として祀られており、
総本宮である「浅間大社(せんげんたいしゃ)」を富士信仰の核としています

何としても登拝に成功し奥宮で参拝したいところです



14081505.jpg
嫁たっての希望でレストハウスへ




準備を整えます
14081506.jpg
希望の品『金剛杖(四角または八角の白木の杖)』購入

登拝の手順は、金剛杖を付き、精神を清める掛け声である「六根清浄」を唱えながら登り
頂上では両奥宮参拝後、お鉢廻りをするのが習わしらしい

六根清浄が分からないから、お喋りしながら登るだけだね



5:30 登山開始(標高2305m)
14081507.jpg




今回のコースはこれ
14081507-5.jpg
吉田ルートの特徴
・登山道と下山道が別になっている
・登りの登山道には山小屋が多いが、逆に下山道には山小屋が少ない




先ずは横スライドで六合目吉田口登山道を目指します
14081508.jpg
雲さえ無ければ、此処でも十分ご来光が拝めますね




開始早々「あつい~あつい~」って
動き出すと、直ぐに身体温まりますからね!
14081509.jpg
写真左手の山は八ヶ岳連峰です



樹林帯の中を歩きシェルターを抜けると六合目です


6:02 六合目吉田口登山道着
14081510.jpg
愈々、本格的な登山が始まります



14081511.jpg
山頂まで5.3km
『がんばるぞ~~~~~





6:51 花小屋 七合目 2700m
14081512.jpg
『六根清浄』の焼印を押して貰えました
これで唱えながら登らなくてもイイとか・・・



14081513.jpg
花小屋からは急な岩場の登山になります




6:56 日の出館 七合目 2720m
14081513-5.jpg
またまた焼印が出来るみたいです



7:07 七合目トモエ館 七合目 2740m
14081514.jpg
あれ、あれあれ~~~ 
tai「これで7合目の焼印3つ目やで!また押すんか
嫁「当たり前やが





救護所
14081515.jpg
ここのお世話にはならない様、注意しなくちゃいけませんね





7:16 鎌岩館 七合目 2790m
14081516.jpg
tai「また焼印押すんか
嫁「全部、押すって
tai「マジっすか
嫁のヘンなスイッチが押されてしまった様ですOrz



14081517.jpg
ここは安産の神が祀られている様ですが、もう嫁には関係ないかな





7:24 富士一館 七合目 2800m
14081518.jpg
息子が焼印をお願いする係になったみたいです
これで嫁・息子のテンションが上がるなら良いかな





14081519.jpg
下から見えてた鳥居がもう直ぐ其処です





7:38 鳥居荘 七合目 2900m
14081520.jpg
ペースの速い嫁と長男
私が山小屋に着いた時には焼印作業は終わっています
私のみ休憩無しで先に進むことになります





7:46 東洋館 七合目 3000m
14081521.jpg
漸くこの山小屋で七合目は終わりです
7合目だけで約1時間ほど登り、その間に山小屋7軒
ちょっと多くないかな?

14081522.jpg
焼印には、直火式と電気式があるんですね
直火式だけかと思ってました




14081523.jpg
これより更に勾配は急になります
両手はフリーな状態で登るようにしました




8:09 太子館 八合目 3100m
14081524.jpg
漸く8合目です



14081525.jpg
ここで少し補給を摂る事にしました
お腹空いてなくても無理にでも食べさせます




8:25 蓬莱館 八合目 3150m
14081526.jpg
焼印の数も大分増えて来ましたね




14081527.jpg
蓬莱亀岩 八大龍神の石碑がありますが此処からは見えません


もう少し登った・・・
14081528.jpg
前方に見える、あれがそうでしょうね
下には山中湖が見えてます




8:54 白雲荘 八合目 3200m
14081529.jpg
ここで富士山に次いで標高の高い北岳3193mよりも高くなります



9:08 元祖室 八合目 3250m
14081530.jpg
いったい、いつまで続くんやろ8合目

14081533-5.jpg
まだ天気は良好で山中湖や河口湖なども見えています
子供達はまだまだ元気みたいですね~



9:30 本八合目富士山ホテル 本八合目 3400m
14081532.jpg
今、どの辺りを歩いているのやら

地図があったので確かめてみることにしました
14081533.jpg
「頂上までもう少しやが~~~
皆、俄然ヤル気が出て来ました


14081534.jpg
此方側が富士山ホテル第二です
ここの山小屋は大きいですね



9:37 本八合目トモエ館 本八合目 3400m
14081535.jpg
釈迦如来像が大切にお祀りされています

標高を見れば分かりますが、富士山ホテルとトモエ館、続けて山小屋が並んでますね!

ここでの目的は『幻のあんぱん』
14081536.jpg
10時にブルで運んで来るのは知っていたので、待ってようかと思ったのですが
店員さんが「この時間だったら山頂行って下りて来ても、まだ残ってるよ」っとの事なので
帰りに寄る事にしました


14081537.jpg
さて此れより浅間大社境内に入ります



9:55 御来光館 八合五勺 3450m
14081538.jpg
長かった8合目も漸く終わりです
7合目同様短い間に山小屋7軒
やっぱり、ちょっと多いような・・・



此処に来て山頂にガスが掛かって来ました
14081539.jpg
この時間からだと天気が回復することは望めませんね




10:35 九合目 3600m
14081540.jpg
九合目には山小屋が無いので、そのまま登って行きます


此処からの登りは更に急
14081541.jpg
視界が悪くなって来たうえに強風も吹いて来ました

少しでも身体を起こすと突風で飛ばされてしまいそうなので
子供達には両手を付き姿勢を低くして登るよう伝えました


山頂に近付くにつれ突風の回数も増えて来ました
突風が吹いたら足を止め、風をやり過ごし
風の弱まったのを見計って登るの繰り返しで高度を上げて行きます


14081542.jpg
鳥居を潜れば山頂は目の前です



11:02 吉田・須走ルート山頂
九須志神社石標前で記念撮影
14081543.jpg
『ヤッタ~~~~

私も記念撮影しようと石標前に立った瞬間






被っていた帽子が突風で・・・






あ~~~~








取りに走ったのですが風に飛ばされる方が速い







九合目付近まで飛ばされて行ったので
これ以上追い掛けても無理と判断し、帽子は諦め山頂に戻るのでした・・・ショボン


それと此処でささまん君からのメールを確認
『11:25 悪天のため途中下山します』とのこと
残念




14081544.jpg
富士山頂上奥宮 九須志神社




ここで最後の刻印をいただきます
14081545.jpg
焼印じゃ無いですよ
朱の刻印を金剛杖の最上部に打って貰います

14081546.jpg
コンプリート完成で嫁も超ご満悦
(いったい此れにいくら払ったのやら
それがこの後、悲劇な展開に・・・



最後に御朱印を購入し参拝したところで神社を出ます


14081547.jpg
お腹も空いた&寒さしのぎのため山小屋山口屋に逃げ込みます




今回も嫁の握ってくれた爆弾おにぎりmgmg
14081548.jpg
それと身体を温めるため『みそラーメン』を注文

山頂で食べるラーメン&おにぎりの組み合わせは最高に美味いですね
(本当は噴火口を見ながら食べる予定だったのですが・・・)


時間的に余裕はあるのですが、悪天・強風のためお鉢巡りは見送り



昼食を終え、下山の準備をしているとき




あれ~~~ あれあれ~~~~






店の店員さんが見覚えのある物を手に持って歩いて来ます




tai「あの~~~ それ私のなんです~




どなたかが山頂まで持って来てくれて、たまたまこの山小屋に置いてったそうです


帽子 返って来た~~~~~~
超・奇跡ですね
14081566.jpg
運んでくれた人『あざ~~~す




12:13 身支度も整ったので下山することにしました
14081549.jpg
写真では伝わり難いですが、この時の風速は・・・ドレクライダロウ

皆、抱き合ったり物陰に隠れたりして強風から身を守っています



娘も息子も飛ばされそうになり
「こんな中帰れない。山小屋泊まる~~」っと、泣き出してしまいました


そんなこと言ってもね~


一瞬の風の弱まりを待って、子供の手を引き、下山道に向け走ります


14081550.jpg
下り専用の砂礫道を下って行きます
風に押され速いですね~



14081551.jpg
地面に虹が掛かっています
なんか不思議な光景ですね



12:39 本八合目トモエ館
14081552.jpg
下りは「っあ」という間です

ここまで下りて来るとガスの影響も無し


此処に立ち寄ったのは、此れのため
14081552-5.jpg
『幻のあんぱん』
あんぱんに富士山の焼印が押してあります
此処でしか買えないみたいですよ



14081553.jpg
雲海から一本、紐状の雲が此方に向かって伸びています不思議~~



14081554.jpg
砂で滑りやすい九十九折れの道が延々と続きます
砂礫道もけっこう足にきますね



12:56 須走口との分岐
14081555.jpg
嫁と息子が待っててくれました
此処を間違えと大変なことになりますから・・・




相変わらず、嫁&息子のスピードは速いです

っあ、という間に見えなくなってしまいました



私は膝の具合が心配なのでマイペースでゆっくり下って行きます
14081556.jpg
雲の切れ間に河口湖が見えます





娘も膝が駄目みたい
歩幅を短くし、ゆっくり休み休み下るようにしました
14081557.jpg
未だ山頂には笠雲が掛かってますね
あそこだけ天気悪いんだろうな~


七合目公衆トイレで休憩
此処を過ぎれば後は穏やかなルートとなります

泉ヶ滝を過ぎ五合目管理センターに向かって歩いていると
前方より見覚えのある方がやって来ました
14081558.jpg
30分以上前に着いたそうです・・・ハヤスギ



15:32 無事下山
14081559.jpg
お疲れ様でした


ここで警備員の方に言われました
警「お兄さん達、良い日に登ったね」
tai「っえ、そうなの今日、良い日なの?」
警「今年は天気が良い日少ないんだよ」だって


14081560.jpg
お土産を購入し、16時発のシャトルバスで帰る事にしました




富士スバルラインを下っている最中、大きな野生の鹿が数頭
バスの前を横断して行きました・・・ビックリ


16:30 『富士北麓駐車場』着
14081561.jpg
早朝見た同じ位置からの富士山
つい先程まで、あそこの頂上に居たんだな~


【登山データ】
登山時間 5時間32分
下山時間 3時間19分
山頂休憩 1時間11分
全行動時間 10時間02分
標高差 1450m
距離  14km


因みに2013富士宮ルートのデータ
【登山データ】
登山時間 4時間46分
下山時間 3時間47分
(剣ヶ峰往復の時間は入ってません)
標高差 1350m
距離  8.5km



急いで車に荷物を積み込み帰路へ
(後にとんでもない忘れ物をしたことに気付く




この日は裾野のホテルに宿泊
お風呂に入り汚れと疲れを洗い流します

後、同ホテルに宿泊のささまん家と一緒に
18:30 外食&反省会
我が家は無事山頂登頂で気分良くビールが進む
ささまん家は、雨風が強く8合目で無念の判断をしたらしい

また機会があったらチャレンジしましょう


んで、会話の途中で重大な忘れ物に気付く

金剛杖を車に積んだ記憶が無い



はい 駐車場に忘れて来ましたOrz




関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/08/15(金) 21:23:05|
  2. 登山
  3. | コメント:8
<<富士スピードウェイ(FSW) | ホーム | 2014 霊峰白山 >>

コメント

富士山お疲れさまでした。
写真を見てると着てる服とか天気とか全然違うのに驚きです。(^^;;
富士宮口側は、5合目から7合目までは晴れていたものの吹き飛ばされるぐらいの強風!
7合目からは更に雨が降り台風の中山登りしてるみたいでしたよ〜。
カッパ着ていても中までベタベタで下の子が低体温で身体がぶるぶるやもなく3200mで下山になりました。
(≧∇≦)
ここまで来て上まで行けなかったのが悔しいですね!
下の子はもう行きたく無いと言ってましたが又来年リベンジしたいです。(^_^)v
お疲れさまでした。
  1. 2014/08/20(水) 18:52:16 |
  2. URL |
  3. ささまん #-
  4. [ 編集 ]

うひょ~、v-410またまた富士山登山でしたか。
お盆は自宅でゴロゴロしていた自分を思うと
taizo家の行動力にはただただ感心するばかりです。
ともあれ、お疲れさまでした♪

小屋の画像にある「黒斑のバナナ」が気になりました・・・v-399
バナナの価格も日本一!!


  1. 2014/08/20(水) 22:01:43 |
  2. URL |
  3. ヤスジロウ #-
  4. [ 編集 ]

無事登頂おめでとうございます♪ ^^
今、ここら界隈でナンバーワン!の晴れ男はtaizoさん!
(もしくはジュニア君、または娘サン、更に奥様も含めた全員。^^)ってトコね♪
いいな~いいな~いいな~♪ 富士山 ^^

最後のオチは奥様の投資額&落胆具合が非常に、非常ぉ~に大きそうで、更に、積み忘れ責任のなすりつけ合いなど勃発しはしなかったかと大いに心配&同情を禁じ得ません(^^;)ダ、ダイジョブ?

10時間を越えるようなコースの山行ならば、風待ち視界待ちなどの足止めも色々あったりして、中々思ったようなペース配分や行程にならなくても仕方が無いところだと思います。^^ そんなのが山。
それを無事順調に引き寄せるパワーも♪素敵(^^)v
  1. 2014/08/20(水) 22:16:10 |
  2. URL |
  3. Fumi #-
  4. [ 編集 ]

毎回思いますが、凄い行動力(≧∀≦)
尊敬します(>_<)
我が家には、ないですが…(^^;;

山登り…御来光みたいですね〜

ささまん君、残念だったね、
来年、リベンジしてね〜👍
  1. 2014/08/21(木) 04:58:08 |
  2. URL |
  3. emi☆ #-
  4. [ 編集 ]

ささまん君
富士登山、お疲れ様でしたv-222

最後の写真からも分かる様に、富士山に笠が掛かっていますねi-3
この雲が発生している時の富士山上層部の風は強く、雲も常に新陳代謝を繰り返していて
風上側の斜面で雲が発生し、風下側の斜面で雲の粒が消えていく現象を繰り返しているそうです
見た目には変化がないように見えるのですが常に強風と共に、雲i-2は変化しているのですね

低気圧や前線が接近した場合、暖かい湿った空気が南風に乗ってやって来て
単独峰である富士山v-263にぶつかり南側は雨i-3になるから、
今回のささまん家の現象はその通りだと思いますv-222
私たちは、身をもって体験して来たんですねi-229

次回は登り口を限定せず、天気予報を見て臨機応変に行動して方が良いかも知れませんねv-218

もし都合が合えば、私も同行したいと思います

  1. 2014/08/22(金) 17:13:38 |
  2. URL |
  3. taizo #-
  4. [ 編集 ]

ヤスジロウさん
懲りもせず、また富士山登って来ましたv-410
お盆休み、家でゴロゴロも良いかも知れませんが
私の性には合わないみたいですi-230
混むと分かっていますが、やっぱり出掛けてしまいますi-246

そうなんです!
そのバナナ気になったでしょv-411
一番美味しい食べごろのバナナv-218
でも、ちょっと高過ぎv-61ですよね
関係無いけど家の冷凍庫でバナナ凍らせて食べようかなi-229
  1. 2014/08/22(金) 17:15:36 |
  2. URL |
  3. taizo #-
  4. [ 編集 ]

Fumiさん
何とか無事登頂出来ましたv-411
ありがとうございます

私、多分晴れ男じゃないように思うんです~v-390
前回の白山も今回の富士山も山頂でのご褒美がありませんでした・・・ショボンv-406
でも山にトライ出来て、その道中でもいろいろ感じることはあったし
家族ともたくさんお話出来たし、これはこれで良い経験が出来たと思っていますv-426

>10時間を越えるようなコースの山行ならば
山男のFumiさんにそういって貰える自信に繋がりますv-91
山で10時間も晴天なんて非常に稀ですよね
山頂での強風体験も家族にとっては良い経験ですv-414

また機会があったら富士山チャレンジしたいと思います

最後の最後に金剛杖の積み忘れは非常に痛い失敗です
車内の空気も氷付いていましたよv-399
でも、その後の展開があるんです
お楽しみに~~v-392


  1. 2014/08/22(金) 17:18:05 |
  2. URL |
  3. taizo #-
  4. [ 編集 ]

emi☆ちゃん
家族揃って出掛けられる休みですから、進んで行動しますよv-218
私、運転は苦にならないしv-413
って、emi☆ちゃんの行動力は、私以上・私以上・私以上だと思いますv-222

富士山頂からのご来光v-481は気になるし見てみたいですが
山小屋に泊まるのが嫌なんです
(まだテント担いの登る脚力無いし・・・v-393
でも、いつかはチャレンジしたいな~と思っています

ささまん家、来年リベンジするv-218って言ってるよ
天気良ければ良いんだけれど
emi☆ちゃん家もどう!富士山登山v-263
  1. 2014/08/22(金) 17:19:53 |
  2. URL |
  3. taizo #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。